クレジットカード現金化は違法か検証

クレジットカード現金化の違法性と安全に利用するための方法をご紹介します!

更新日:

違法なのか合法なのかを天秤で表している

クレジットカード現金化とは、ショッピング枠の現金化によって現金を手に入れる方法です。

審査無しで現金が手に入る魅力的な方法ではありますが、「クレジットカード現金化は違法なのでは?」と心配される方も少なくありません。

そこでこちらでは、つぎのような疑問についてお答えしています。

  • クレジットカード現金化は違法なの?
  • クレジットカード現金化で罪に問われることはある?
  • クレジットカード現金化を安全に行う方法とは?

これを読めば、クレジットカード現金化の違法性を回避して安全に現金化できますよ。

管理人 岡森
初めまして。管理人の岡森恭平と申します。クレジットカード現金化は違法ではなく、正しく使えば安全にお金が手に入る方法ですよ。

クレジットカード現金化は違法ではない!

合法か違法かジャッジするためのガベル

結論からお伝えすると、クレジットカード現金化は違法ではありません。

現金化には買取方式とキャッシュバック方式の2種類の方法がありますが、いずれの場合も「買い物をして不要なものを売っただけ」、「商品購入のキャッシュバックを受けただけ」という扱いになります。

このような取引を違法としてしまうと、不要な商品のオークションへの出品や家電量販店の現金キャッシュバックキャンペーンまで違法とみなされてしまいます。

実際にクレジットカード会社JCBも違法ではなく、「グレーな状況」という見解です。

例えば「最初から現金化することを目的として金券を購入し、買取業者に売却した」と聞くといい印象を持ちませんが、「プレゼントしようと思って金券を買ったけれど、渡す予定がなくなってしまったから買取業者に売却した」という文脈だと、行為そのものは前のものと同じながら、受ける印象が大きく異なるはずです。このような曖昧さが、適法・違法の線引きがはっきりできない、グレーな状況となっているのです。
引用元:クレジットカードの現金化は違法?考えられるリスクについて

つまり、クレジットカード現金化という行為は違法ではないということになります。

クレジットカード現金化に違法性はある?

どんな違法性があるのか考える男性

クレジットカード現金化は違法ではないにもかかわらず、「違法性がある」「違法なんじゃないか?」といった意見があるのはなぜでしょうか?

クレジットカード現金化に違法性があるといわれている理由には、つぎのふたつの側面があります。

  • 現金化サービス業者の違法性
  • 現金化サービス利用者の違法性

ひとつずつ見ていきましょう!

現金化サービス業者の違法性

クレジットカード現金化業者のサービスは、貸金業・出資法違反にあたるとの見方があります。

現金化の方法こそ、商品の買取や商品購入のキャッシュバックという形ですが、その実態は貸金業であるとの見方です。

もしも貸金業に当たるならば、貸金業の許可がない現金化業者は貸金業法に違反していることになります。

また、消費者の負担額が上限金利を超えている場合もあるため、実質的には出資法にも違反している可能性があるというわけです。

実際にクレジットカード現金化業者が逮捕された事例もあり、業者が違法であると判断される可能性は0ではありません。

管理人 岡森
逮捕された会社は、利用者に商品の内容を知らせることなく、ほぼ無価値の商品を発送していたため、実質的に貸金業を行っているものとして逮捕されました。

現金化サービス利用者の違法性

一方で現金化サービス利用者が罪に問われるとしたら、どんな罪に当たるのでしょうか?

利用者が罪に問われる可能性があるのは、「横領罪」になります。

そもそも、クレジットカードで購入した商品の所有権は代金を支払うまではカード会社にあるため、この商品を転売することは、カード会社所有物の横領に当たるという見方です。

たしかに、JCBの利用規約をみると、商品購入後の所有権は代金の完済までJCBにあるとあります。

第23条 (立替払いの委託) 
2.商品の所有権は、当社が加盟店、JCBまたはJCBの提携会社に対して支払いをしたときに当社に移転し、ショッピング利用
代金の完済まで当社に留保されることを、会員は承認するものとします。
引用元:会員規約(法人債務・カード使用者立替用)

現金化サービス利用者が逮捕されたことは一度もありませんが、もし罪に問われるならば横領罪となるでしょう。

クレジットカード現金化で違法性が問われやすい方法とは?

違法性のある危険な方法を見つけた虫眼鏡

先ほどお伝えした通り、利用者が違法性が問われる可能性も0とは言い切れません。

しかしながら、すべての方法でその可能性があるわけではなく、次のふたつが違法性を問われるリスクのある方法になります。

  • 自分でする現金化
  • 商品買取方式の利用

万が一の可能性も考えて、危険な現金化方法について理解しましょう。

自分でするクレジットカード現金化

自分でするクレジットカード現金化とは、自分で高換金率の商品を購入し、買取業者に売却する方法です。

この方法はカード会社への支払いを終える前に、商品の所有権をカード会社以外に譲渡してしまうため、横領罪に当たる可能性があります。

またそれだけでなく、自分でするクレジットカード現金化はカード利用停止のリスクも大きいため、絶対に辞めてください。

商品買取方式の利用

商品買取方式の現金化とは、業者で高換金率の商品を購入し、その商品をそのまま業者に売却する現金化方法です。

この方法も自分でするクレジットカード現金化と同様に、カード会社への支払いが終わる前に商品の証有権が業者に移ってしまうため、横領罪に当たる可能性があります。

商品買取方式は換金率が高く魅力的ですが、こちらもカード利用停止のリスクが大きすぎるため、おすすめできません。

クレジットカード現金化で違法性のない方法はひとつだけ

違法性のない安全な方法を示す卵

クレジットカード現金化で違法性のない方法は、キャッシュバック方式しかありません。

キャッシュバック方式であれば、商品購入の特典を受けるだけなので、携帯会社のキャッシュバックキャンペーンと同じです。

また、現金化業者からの商品を支払いが終わるまで自宅で保管することで、横領罪に問われる心配もありません。

さらに、換金性がそこまで高くない商品を購入するため、カード利用停止のリスクもなく安全に現金化できます。

そのため、もしもクレジットカード現金化をするなら、キャッシュバック方式一択といえます。

クレジットカード現金化するなら違法性のない方法でしよう!

違法性のない方法を勧める男性

クレジットカード現金化は違法ではありませんでしたが、グレーな取引であることは事実です。

とはいえ、どうしても利用しなければ生活できないこともあるかと思います。

そんなときは、違法性を問われることもなく、カード利用停止リスクのないキャッシュバック方式の業者を選ぶことが、安全に現金化するための方法でしたね。

キャッシュバック方式の業者は多数ありますが、口コミを参考に優良業者を探すことがおすすめです。

優良業者をお探しの方は、元利用者の口コミ評判が載っているクレジットカード現金化口コミで探す優良店クレジットカード現金化口コミで探す優良店をご覧くださいね。

6つの質問でわかるクレジットカード現金化診断

はじめてクレジットカード現金化を利用する方は、6つの質問に答えるだけであなたにぴったりの優良業者が見つかる診断フォームがオススメです。

  • 高い換金率で現金化がしたい
  • とにかく即日中に現金が必要
  • 家族や職場には内緒にしたい
  • 複数のクレジットカードを利用したい
  • 家族カードの現金化を利用したい

あなたの条件から、もっともお得な優良業者を最短1分で診断します。
業者選びに迷っている方は、ぜひ診断してみてくださいね。

-クレジットカード現金化は違法か検証
-, ,

Copyright© クレジットカード現金化口コミ調査兵団 | おすすめ優良店TOP5 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.