クレジットカード現金化の仕組み

クレジットカード現金化の仕組みって?違法性と利用方法について

投稿日:

クレジットカード現金化の仕組みって?違法性と利用方法について

お金がなくて困っている、訳があって消費者金融は理由したくない・・・。

しかし、クレジットカードの現金化の仕組みがよく分からず「違法なのではないか?
と手を出しにくい方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの記事ではクレジットカード現金化の仕組みについてご説明した上で、その違法性や業種の違いをご説明します。

クレジットカード現金化は一体どういう仕組み?

クレジットカード現金化は一体どういう仕組み?

クレジットカード現金化の仕組みとは、クレジットカードに準備されているショッピング枠を使って現金を入手する手段の事を指します。

例えばクレジットカードに割り当てられたショッピング枠を使い、金銭価値の高い商品を買うとします。
そして購入した商品をそのまま業者などに転売することで、簡単に現金を入手することが出来るという仕組みです。

つまり、クレジットカードの現金化はあくまで「クレジットカード会社に与えられたショッピング枠を使っているだけ」というもの。
しかし、クレジットカードが現金化出来るとは言えその後に請求が来るのは言うまでもありません。

一時的にショッピング枠をキャッシング枠として活用できるという認識をしておくと良いでしょう。

クレジットカード現金化は違法ではないけど規約違反!

クレジットカード現金化は違法ではないけど規約違反!

クレジットカードの利用規約をしっかりとチェックしたことはありますか?
実は、カード会社の大半はショッピング枠の現金化を禁じていることが殆どです。

クレジットカードのショッピング枠を現金化
このような取引行為は換金目的であり、会員規約に抵触することから、カード業界ではこれらの利用を禁止しています。もしこのような取引行為をされますと、退会の手続きをとらせていただくこともあります。
http://www.jcca-office.gr.jp/consumer/cashing.html

つまり、クレジットカード現金化はやり方を間違えてしまうとカード会社に知られてしまい、利用停止処分を受けてしまうこともありえるということ。
急な出費でお金が必要になったとはいえ、クレジットカードが使えなくなってしまうようなリスクのある行動は避けたいですよね。

そんな場合にはクレジットカード現金化をメインとする業者を利用してみてはいかがでしょうか?
業者によっては現金化の仕組みも異なり、利用停止処分になるリスクを最大限減らしつつクレジットカードの現金化を行うことが可能です。

一体どういった仕組みの違いがあるのか、その違法性についても見ていきましょう。

クレジットカード現金化業者の種類と適応される法律について

クレジットカード現金化業者の種類と適応される法律について

クレジットカードの現金化などを行っている業者が摘発されたというニュースもあり、クレジットカードの現金化は違法ではないの?と心配になられる方も多いかと思います。
しかしそれは、悪質な業者が処罰されたというだけです。

クレジットカード現金化だけであれば何の処罰もなく、罰則を受けずに運営している業者も存在するため、法律に違反する事なくショッピング枠を現金に変える事が出来るでしょう。

そんなクレジットカード現金化業者には、2通りの種類が存在します。

買い取り式

買い取り式とは前述した通り高い換金性の商品を買い、それを業者へ転売する形です。実店舗に赴いたり、郵送をしたりして商品を買い取ってもらう事で現金を入手します。

そんな買い取り式に適応される法律は「古物営業法」です。

1.「古物営業の許可を受け、番号を掲示した上で営業を行う」
2.「盗品売買を防止すべく、本人かどうか必ず身分証をチェックする」

この2つの条件を満たしていれば法律に違反することはなく、クレジットカードの現金化を図ることが出来るでしょう。

しかし、大抵の場合では換金性の高い商品を購入・売買する必要があります。
この問題点は「クレジットカード会社に疑惑の目を掛けられてしまう」ということ、新幹線のチケットなど換金性の高いものを何度も買ったりしていると、電話で購入した理由の確認や商品が手元にあるかチェックされてしまうことも。

規約違反によりクレジットカードの利用停止処分を受けやすいリスクのある手段だと言えるでしょう。

キャッシュバック式

キャッシュバック式とは、従来の金額に比べると価値の低い商品を業者から買い、キャッシュバックとして現金がついてくる形です
大手通信会社などでも「今加入したらキャッシュバックで実質タダ!」みたいな広告を見かけますよね。

そんなキャッシュバック式に適応される法律は景品表示法です。

Q.当店では、期間を限定して、商品A(1,000円)を10個買ってくれた人を対象に、もれなく3,000円のキャッシュバックを行いたいと考えています。この場合、景品規制の対象となるのでしょうか。

A.キャッシュバックなどの方法により、取引通念上妥当と認められる基準に従い、支払った代金の割戻しを行うことは、値引と認められる経済上の利益に該当し、景品規制の適用対象とはなりません。
(消費者庁)
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/faq/premium/

このように消費者庁でも認められている手法であり、違法性はなんらありません。
その上購入した商品自体を手元に置ける為、クレジットカード会社から「現金化したんじゃないか?」という疑惑の目を向けられても弁明することが可能です。

クレジットカード現金化の注意点

クレジットカード現金化の注意点

クレジットカードの現金化自体は法律違反するような行為ではありませんが、実際に利用する上で気をつけるべき注意点をご紹介します。

換金率によっては入手できる金額も少なくなる

クレジットカード現金化の業者はネットに数多く存在しますが、殆どのケースで「最高換金率」という謳い文句が設定されています。
しかし、実際には最高換金率になることはめったになく、大抵の場合では80%~から90%程度の換金率に収まることも多いのです。

そのため、最高換金率98%!という宣伝文句を見て5万円換金した所、実際には90%程度で5000円ほど少ない額になってしまった…というケースも。

クレジットカードの現金化はあくまで前借り

クレジットカードの現金化はあくまで前借り

生活に困窮していて、お金を準備することができないから・・・。
という理由で、クレジットカードの現金化を利用してしまうのはおすすめできません。

そういったケースではリボ払いを利用している方も多いのですが、その場合利率は通常の消費者金融よりも高くなり、逆に損をしてしまう恐れもあります。

クレジットカード現金化は「一時的な前借り」として活用する方法がおすすめです。

「即日対応・即日入金」が可能になっているため、「結婚式のご祝儀が必要だけど余裕がない!」というケースや、「給料が入るまでに所持金を使い果たしてしまった…」というように、「急な出費に困った人」が助かる方法こそクレジットカードの現金化だと言えるでしょう。

クレジットカード現金化というサービスの実態

クレジットカード現金化というサービスの実態

いかがでしょうか。クレジットカード現金化は仕組みとしては「キャッシング枠を使ってお金を前借りする」ようなもので、法律に触れる心配はありません。

冠婚葬祭など急な出費でお金が必要になってしまった場合に消費者金融と契約するのは抵抗がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、クレジットカードの現金化を個人で行っていると利用停止処分を受ける確率が上がってしまうのは本末転倒だと言えます。

そのため、あくまでクレジットカード現金化は専門の業者を通して行う事がオススメです。
業者によってはクレジットカードの加盟店も含まれているため、規約違反だとみなされる心配もなくショッピング枠を現金化することが出来るでしょう。

優良の現金化業者ランキングはこちら

-クレジットカード現金化の仕組み
-, ,

Copyright© クレジットカード現金化口コミ調査兵団 | おすすめ優良店TOP5 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.